上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
すい臓がんの治療には、手術に拠って病巣を摘出する「手術療法」ができる限り積極的にとられている。
これは、すい臓のケースの場合、多少なりとも残しておけば本来のすい臓の機能のおおくを果たす事が出きるからである。
それでもやっぱり手術後の生活には、それなりの注意が必要である。
ましてや、すい臓を摘出してしまったケースの場合には、すい機能がなくなるわけであるから、その機能を別の方法でフォローしていく事に成る。

すい臓がんは、殊更に初期に於いて独自の症状が現れない事から、早期発見しようしもどこから手をつければ良いのか、困難が少なくないのが現実である。
それでも手がかりの1つとして、糖尿病を意識するのも1つの方法じゃないだろうか。
現実、糖尿病の患者(クランケ)のなかであるい臓がんを発症する確率が高い事、またすい臓がんを発症すると、8パーセントレベルであるが、糖尿病が悪化するケースがある事が認められているからである。
これはすい臓に、血糖値をコントロールするホルモンを分泌する働きがあるからである。

人間には癌から自身の体を守ろうと云う自然の力が有る。
これが年をとるにつれて抵抗力が衰える事から、癌に成る率が高まるのである。
老化を留める事は無理であるが、心身共に健やかで、若さをキープ出きるように努力する事が癌を予防する事につながるようである。

かつては、あらゆる検査を行って、全部の消化器を調べたうえで、消去法でようやくすい臓がんにたどりついたのである。
それと比較すれば途方もなくの成長といえそうであるが・・・・・・症状を自覚し、すい臓がんを怪しんでかからない事には、これらの映像検査を受けないのじゃないだろうか? そう考慮すると、やっぱり早期発見への道のりはまだまだ険しい気がしてならない。




スポンサーサイト
|02-06|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR


Copyright © 沙耶歌の歓喜の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。