上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
すい臓がんの検査には、1.血液検査、2.画像検査、3.病理学的検査が実行される。
殊更に、血液検査に於いては、腫瘍マーカーと血中ホルモンを検査する。

血液検査
1.腫瘍マーカー・・・・・・腫瘍マーカーと云うのは、癌の進展に伴い増大する生体因子の事をいう。
相当の腫瘍マーカーは、健康な人でも血液中に実在する。
その為、腫瘍マーカーが実在するからと云って、それだけで癌の実在を診察出きるわけじゃないのだ。
但し癌の患者(クランケ)の腫瘍マーカーを継続的に検査する事に拠って、再発の有無や手術で切除できなかった癌、もしくは画像診察ではみえないようなごくちっぽけな癌が実在する事を、確実じゃないものの、あるレベル気付くうえで適切な方法と云えるだろう。

★胆道感染症(急性胆のう炎、急性胆管炎、慢性胆のう炎)
胆道に細菌が感染して生じる病気が胆道感染症である。
胆道感染症では、みぞおちや右上腹部に痛みが生じる。
しかしながら、このような痛みは胆道感染症に独自のものではなく、胃炎やすい炎、胃・十二指腸潰瘍、虫垂炎でも同様である。
メインの症状が痛みだけのケースの場合は、これらの病気との識別が重要となる。
発熱、黄疸が入れば、まず胆道感染症か、胆石症と見当がつくるのだ。
更に超音波検査か胆道造影法によるX線検査をすれば、診察はハッキリする。

すい頭部の任務
すい臓がんのおおくが生起する、すい頭部と云うのは、膵液を十二指腸に運ぶ、すい管と、肝臓でつくられた胆汁を十二指腸に運ぶ任務をする胆管が合流す場所である。
これがすい臓がんの治療を難しくし、また肝臓等への転移を早目る原因と為ってる。
すい臓の周囲には、肝臓へいく肝動脈や腸へ足を運ぶ上腸間膜動脈、胃や腸から肝臓へいく静脈である門脈が張り巡らされており、これらに癌が入り、肝臓等の臓器への転移を早目るのである。

その為次ぎの検査として、画像診察を実践する。
超音波、X線CTスキャン、すい管造影等である。
すい臓の形態的な変化からすい臓病を診察する方法である。
すい管造影と云うのは、内視鏡をみながら細い管をすい管の中に入れて造影剤を注入し、すい管を撮影する方法である。
慢性膵炎やすい臓がんの鑑別に威力を発揮するが、この方法は手間がかかる事から外来では無理である。
入院検査と云う事に成る。



スポンサーサイト
|05-11|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR


Copyright © 沙耶歌の歓喜の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。